Lesson 1
第1章−1 認知症介助士の基本理念と、超高齢社会への理解
Start course

この講座は、公益財団法人日本ケアフィット共育機構が認定する「認知症介助士」資格のウェブ取得を目指す講座です。

超高齢社会を迎えた現代において、

「認知症」は高齢期を迎えた人々や、その家族、

周囲の人々の大きな関心事であり、不安のひとつです。

認知症は誰もが発症する可能性がある脳の病気。

今後の患者数の増加と対応の問題は、ますます深刻さを増していきます。

そのような状況の下、認知症に関する正しい知識を持ち、

おもてなしの心で相手に寄り添える「認知症介助士」資格は、

これから需要の高まりが予想される重要な資格のひとつです。

認知症介助士資格を取得するには…

コースを開始し、動画とテキストで学習を進めます。

各章終わりには○×式の復習テストが設けられていますので、

テキストの内容を思い出しながら、身につけた知識を確認しましょう。

第1章〜第4章まで同じように進め、体験談&事例集を終えると、

プレ検定試験に進むことができます。

プレ検定試験は、検定試験に合格するための力試しの場です。

どのような問題が出題されるかを理解し、検定試験本番に備えましょう。

検定試験

検定試験は、プレ検定試験を終えると、その時点で受験できるようになります。

検定試験は、30問(選択式、1問1点)で30点満点、24点以上で合格となります。

合格後、認定状の発行、認定証(カード型・別途有料)の申請手続き等のご案内をお届けいたします。

※一度検定試験を受験された方は、再受講はできません。

※この講座は、東京カルチャーセンター(株式会社日本フローラルアート)が主宰する「認知症と共に生きる(にんとも)講座」を資格取得用に再構成したものです。

※合格者の個人情報は株式会社日本フローラルアートと公益財団法人日本ケアフィット共育機構でのみ共有いたします。

    Tags:
  • 資格 資格取得 認知症 認知症介助士 ボケ 痴呆 介護 健康 日本ケアフィット共育機構 検定 試験

創業から46年、一貫して通信教育で講座を提供してきた弊社が新たにCoursmos上で講座を公開・提供開始いたします。

Suggested Courses